9月14日など

・先々週~先週あたりのこと。突然シリアスなヨーロッパ的な世界観を摂取したくなり(「皆殺しのキキ」的な。苦笑)、そうだ今こそGUNSLINGER GIRLだ!と思いアニメを借りに行ったがツタヤにもGEOにも無かったから、もうこれは退けん!となってブックオフで漫画全巻購入。少しずつ読んでいき、先週には読み切った。様々な批判がうなずけるほど、反吐が出そうな設定なのだがそれでもグイグイ読める、罪悪感はあれど感動してしまう作者の凄みを感じた。傑作。もし本当に作者が「少女と銃」と「イタリア」が描きたかっただけだとしても、そこからスタートしてこんな物語描けるなら凄いでしょ。リアルタイムで読むのと後から一気読みするのでは感想がかなり変わりそうな漫画でもあるが、一気読みの私はこの救いのあるラストには納得がいくものがあった。ってかこれ主人公トリエラだよね。公社の面子なら確かにトリエラ&ヒルシャーペアがええな~と思ってたけど主人公やん!っていう。それ以外に好きなキャラはフランコ・フランカのコンビ、ピノッキオ、ニノ(走れなくなったチべタン・テリアの人)ですね(全員敵役じゃん)。

 

・少し前のロンドンハーツのラブマゲドンはあの企画で過去一面白かったように思ったんだけど特にオダウエダ植田さんの「一人で生きたらぁ!」が最高で無双状態だった。個人的にはその後続けざまに言った「一人で殖えたらぁ!」のほうが好き。

そして、この間のロンハーは女芸人格付けで、Aマッソ加納さんが出てて「とうとう来たかその時が…」という感じだったが、他にもとにかく面子が素晴らしく、そしてまたオダウエダ植田が爆裂面白かった。しかし加納さん、仕事はそつなくこなしているけどネタ番組以外で跳ねてるのあんまみたことないんだよな…(自身の番組といえるトゲアリトゲナシトゲトゲは除く)。いやあのAマッソが仕事をちゃんとこなしている姿だけで感涙ものだけど、やっぱたまには炸裂してるの見たい。松本仁志には評価されているみたいだし(女だけのIPPONグランプリも出てたしね!あとワイドなショーにも何度か呼ばれてる)爆笑問題には昔から目を付けられているようだけど、有吉の壁にもゴッドタンにも(ちょくちょく出てはいるのに)ハマってない、ハネない感はあるよね…いやちゃんとやってるのよ、ちゃんとやるのも大事。でもそれってやっぱ噛ませ犬みたいな立場になるじゃん?

 

 

・ニューヨークyoutubeチャンネルでの企画「シン・りょう」のエピソードの最後となる配信ライブ、昨日初の有給休暇だったことと配信期限が近付いてきていたため、買って見てしまった。配信ライブに金払うのはなんか抵抗があってかなり迷ったが、やっぱりこの企画の最後が気になるのと、去年精神死んでた俺を救った芸人に少しくらい金落としてもいいか、と思ったので。

動画内容については割愛するが、まぁ見てよかった。一応全員見どころがあったし。もう1時間長くても良かったくらいで、それこそライブ後のマートンのコメントでもあったとおりマートンinfoの件には触れられてなかったし、りょうが自分の過ちを認めた部分があったからなんとか収まったけど、もっと膿を出し切って欲しかった気もしなくもない。あと田中風汰がどうなるのか気になったというのも配信購入の動機でありかなり期待していたが普通に「スパイは薄々気づいてた」カウンター喰らっててちょっとがっかりした。苦笑。とはいえ田中風汰に祝福を。あと見てよかったなと思ったのは、宮崎さんのエレパレ、ですよね。曲、Cメロを初めて聞いた気がするのでこれだけでも元は取ったし耳コピした。ってか普通にAメロ・サビのコードの四つ目Dだと思ってたけどBmなのな、カノン進行って正しくはどうなの?Bm、宮崎さんが弾くの目コピしました激苦笑。

健闘賞をあげるなら令和ロマンくるま。マッジでくるまがいてくれて良かった。くるまを急遽「見届け人」としてキャスティングした人まじ大正解。名采配。バランサーとしてほんとうにくるまさんはよくやってくれたと思います・・。

いやー、しかしこれなら「さようなら花鳥風月」ライブも買って見ておけばよかったぜ。あれってもしかして一年以上前???半年前とかな気がしてた。

8/15追記、パンクについて等

筆が進んできたので今のテンションのうちにもう一個記事書く。

 

・TENDOUJIのライブを見た。ここ数年で見たいろんなバンドのライブのなかで一番良かった。対バンのドミコも良かったが(全く前情報なしで見たが。ループの中にロックンロールを落とし込んでいるのと、声がいい)。テンドウジは自分のやりたいインディーロックそのものを体現していた。ドリーミーだがパンクっぽい疾走感があり、でもあくまでキャッチーで、でもTFCくらいのじわじわ上がってく温度感の曲もやる。たくさん人が入っているわけでは無かったがファンの「待ってました!」感がものすごく、大半が普通のおねえさんだったので「この、テンドウジのようなインディーロックを理解してるおねえさんたちは普段どこにいるんだ!?」と思ったし(札幌から来たりしてるのかもしれんが)、でもそういうおねえさんたちがこの街に生息しているということに少し希望を感じた。大真面目にバンドを続けるモチベになった。でもまぁ、テンドウジって早くてキャッチーな曲あってそういうのでブチ上がりたい層もいるのかな。

 

呂布カルマをACのCMで最近見かけるがこの人スパチャとかAbemaとか相席食堂とかもそうだけど本質的にはメジャーぽいフィールドでうまくやるのが得意な人なのに「そういうのはR指定にまかせてる、俺はアングラだから」みたいなこと言って、立ち振る舞いというかバランス感覚がものすごいよなと思う。

 

・最近の自分のテーマ。「自分はパンクじゃない。ナードだ。それでいい」と思ってたけど「パンクになるしかないんじゃね?」と思い始めているみたいな話。いやそれでもパンクになれないけど。お世話になってるライブハウスにいくと、周りがパンクを通ってきてる人達ばかりでやっぱそういう場所なんだなと思うし…。また、自分が最近ハマっているマイスパレード、アルバムリーフ、モグワイといったようなポストロックの人達、そして昔から聴いてきた90年代エモの人達の根っこにハードコアがある、が自分はハードコアそのものにはハマれないまま来ている問題。

ただ最近パンク系のライブ見て思うのが、「ルールは守れよ」というか「マナーを守れよ」なのかもしれないけど、「輩」ではダメなのでは?というか。パンクの人って怖いじゃん、それって、怖いしヤだなとかもある(苦笑)。俺はヤンキーではなくチンピラでもないから、まぁそういう人達に(これ前にも書いたっけ)居場所を与えたのがパンクだった、ひいてはロックやヒップホップだった、とは思うんですが、自分のようなヤンキーではなかったナードがそのような音楽やカルチャーにハマった場合、どうすんだ問題というか、いやそんなんロックの世界でもジョイディヴィジョンもザ・スミスウィーザーもいるしヒップホップでもナードなヒップホップの形は沢山あるとは思うんですが。思うんですがね、なんですよ。考えてみればJDもザ・スミスもパンクに触発されているけどパンクではないよな。

 

いやー、だからね、割と正統なパンクの中でイントゥー出来るバンドないかなとか思いアンダートーンズとか良いじゃんとか思ったりしたんですけど。半分ネタで半分大真面目で俺の好きなパンクバンドってジーザス&メリーチェインと第一期ART-SCHOOLなので…みたいな。


www.youtube.com

あと今日これはたまたまなんですけどTLで「パンク名盤のランキングでザ・クラッシュ『ロンドンコーリング』が一位になったらそれはどうなの、日本のレゲエランキングでフィッシュマンズ『空中キャンプ』が一位になるのは違うじゃん」という話が流れてきてて。で、それ後者は俺も違うと思うんだけど前者は別に良いかなって思うんですよね。

 

で、そう思うことで改めて、俺ってパンクのことを「そう思ってる」んだなと気付いたという。雑に言うと「変わっていくこと」がパンク。新しい事に挑戦することがパンク。というやつね。で、3コードもしくはそれに準じる簡素なギターワークと速めの8ビート、という「パンクの音楽形式」自体は決して嫌いじゃないのね。俺もそういう曲作るし、先に挙げたジザメリもアートスクールもそういう意味でもパンクなんじゃないかって思ってるし(だからラモーンズも凄いと思うし)。でも、それは「3コードでも良い曲とか面白い曲やったるで」みたいなことを重要視している気がするし、それでいいんだ、という勇気をもらったというか。


www.youtube.com

 

だからそこは矛盾しているんだけど、でもそういえば俺ハイスタだと横山健よりも難波を支持するんだよね、そういうことだったわ、と改めて思ったというか(難波さんはケミカルブラザーズやアンダーワールドを聴いて「これパンクじゃん!」と思った人で、ハイスタ休止後にテクノ的なこと(TYUNKULTRA BRAIN等)をやる)(今はメロコアに戻ってしかもそこにメタリックなアプローチとかしてるけど。。。)。


www.youtube.com

 

おまえメロコアも好きじゃんね、という声に対しては、メロディと簡素なギターワークが好きなだけで、なんか日本の今のメロコアってギター難しいじゃないですか多分(?)だけど曲のアプローチは定型化しているっていう。悪口になっちゃったけど…「曲が定型化している」のは50sロックンロールも70sパンクもそうだから別にそれこそがパンクだからいいじゃんっていうのはそうなんだけど…。なんか本質的にはメタルに近くない?っていうか。

 


www.youtube.com

(ビリーアイドルあんま良く知らないしどっちかっていうとセルアウト系のように思ってたのですが、この発言自体はその通りだと思います)

 

結局俺メロコア・エアジャム系でもLOW IQ 01.アスパラガス、スキャフルキング辺りからドーパンやバンドアパートとかの流れが好きだったりするしメロコア的パンクアプローチのみではなくて他の音楽要素混ぜたり切ないメロディに振り切った人達とかが好きだしやっぱ王道ではないんだよな。


www.youtube.com

 

先に触れたTENDOUJIのインタビュー読み漁ってたらパンクについて話が上がっていて(今回のツアーもEASY PUNKというテーマを掲げていた)でも俺はあそこまでカジュアルにパンクに触れられないし(やっぱ俺みたいな人間が気軽にパンクだとは言えないのでは、という思いはある)しそれも結局「俺はパンクを通ってない」という認識からだし、話は少しズレるが90年代のオルタナグランジとかエモとか)のことは90年代USパンクと呼んだほうがいいんじゃね説みたいなのも一瞬考えて、カートコバーンもソニックユースもフガジも自身をパンクだと思って活動してただろうし、ハードコアから派生したその音楽的多様性ひっくるめてパンクと呼ぶべきじゃね?という思いね。ただパールジャムやアリスインチェインズのような明らかにメタル出自のバンドは除くが(サウンドガーデンに関しては判断が難しい)。アンダーグラウンド・インディーの世界の話でね。

で、思い出したのがNOT WONK加藤さんが「オルタナは立ち位置のことだからあまり好きな言葉ではないがパンクという言葉は好き」みたいなことを言っていた記憶があり、俺は分かるけど同意できなくて、俺はオルタナって言葉好きだなって結論に最近至りました(「オルタナ」がただの立ち位置の話だという部分は完全同意です)。

www.cinra.net

かなり拡大解釈ですが、俺みたいな不良にならずどちらかといえば優等生的だったけど人生は上手くいかなくて真面目に生きてる気がするけど仕事に人生注ぐ気にはなれなくて、いい年して恋人もいない、みたいな人間ってこの国の生き方として正統派ではないわけじゃないですか。犯罪者でも不良でもないけど、ちょっとしたアウトサイダーだと思うんですよ。でも悪い事はしていないからこういう生き方があってもいい。そういう俺みたいなタイプのダメなヤツ、増えてくると思うし。俺はそういう人達をオルタナティヴと呼びたいんです。そういう人達に受けたのがジョイディヴィジョンやキュアーのダークサイド曲だったりザ・スミスだったりダイナソーJRだったりしたんでしょう?オルタナという音楽が今は、この名前挙げたバンドやニルヴァーナソニックユース辺りの影響下にあるバンド、というただの音を指し示す言葉になっているのは承知ですが(定型化)、でもやっぱ好きなんだも~~んという開き直りもある。「立ち位置」でもよくね?というかね。最近Aマッソ加納さんのエッセイで出てきた「サブカルチャーじゃなくてカウンターカルチャーになれ。カウンターはいずれメインになる」という言葉をとある人に言われて未だに覚えている、という話があり、最近別の文脈でもTLで同じ話を見かけた気がするが、「サブカル」=「オルタナ」、「カウンター」=「パンク」に当たるかもなと直感的に思いました。…いや逆かもしんねぇな、俺が思う「オルタナティヴ」な生き方は、別にそれがメインになったっていい。草食系が増えたっていい、オタクが堂々と生きたっていいじゃん。そういう世の中なんじゃねぇの。そういう世の中にしては俺生きにくいな。なんでだろ…。つーか別に「サブカル」でいいんだよ。サブなんだよ俺達は。でも生きてていいじゃん。

news.yahoo.co.jp

 

着地点が見つからなくなってしまったが、人はそれをパンクとは呼ばないし俺自身パンクスではないという認識があるが、俺なりに「パンク」に当たるものを実行して生きていく必要があるのでは、という話かつ、知性のあるパンクをやんなきゃダメなんじゃないのと思っている。パティ・スミストーキング・ヘッズジョン・ライドンも知性のあるパンクだと思うので…。

あと、詳しくは無いし本質はモッズなのは分かっているけどザ・ジャム→スタイルカウンシルの流れのポールウェラーとかもなんかそっから学べねーかな、みたいな気持ちあるな。

 

・そういやたまたまこの文章の最初の方で呂布カルマに触れたけど、繋がってきたぞ…呂布カルマはかつてバトルで自身のヒップホップのことを「黒人にも犯罪者にも憧れない」と言ってて、黒人に憧れるのはええやろそういうルーツの音楽なんだからと思ったが(呂布カルマは基本海外のラップを聴かない人です)黒人に憧れて肌を黒くしたり、彼らと同じようにエロいおねーちゃん侍らせてケツを振らせる必要は無いし、もちろん人を殴ったり違法薬物をやったりする人に憧れる必要は無いと思って熱くなったことを思い出しました(まぁ、彼はドラッグに関しては割と許容派みたいな発言もあって、メディアに出るにはちょっと掘り返されたら危ういだろとか思うなぁ)

 

・思いついたことさっきから書きなぐってるだけだが(いつもそう)、樋口恭介という作家のことよく知らないが彼が自身をパンクだと定義していたがパンクロッカーたちから批判を受けたので「グッドバイ・パンクロッカーズ」と題した文章を出した一連の流れみたいなやつ、今は消されているけど、あれも凄く良かったんだよな…。また読めねーかな。

 

・あ、あと最後に。マイスパレードのライナーノーツ読んでたら、「ハードコアパンクを通っている」と書かれてはいるんだけど、(そしてハードロックも!)みたいなことも書かれてて、あれっ?その書き方だとさ、ハードロック/メタルって例えば俺が好きなロキノン系のバンドマンも大体通ってきていて、結局それって「世代だから」それ以上でも以下でもなくて。洋楽のロックのメジャーなものがハードロックしか無かったから(無かったは言い過ぎだが、ネットが無い時代なんだからそう言ってもいいと思う)であって、「世代」だからなんですよ。もしかして、それと並列で「ハードコア」がある感覚だったとしたらウケるなっていうか、そうだったら俺こんなに重く考える必要ないのではとかも思ってしまった。アメリカであの世代で、若くして地元でバンドでもやろう!ってなったらアンダーグラウンドで隆盛していたハードコアパンクが避けられなかっただけなのでは?っていう。俺の少し上の世代が「メロコア」を避けられなかったみたいなのとまったく一緒なんじゃないの?っていう。これが正しかったら笑えるな…。ははは。

盆と盆前あたりの近況

・ここ数か月でライブ3本くらいやった。コロナ感染者数が増えてるのでもうしばらくライブはやらない。疲れたし。バンド自体はまぁまぁ調子は良かった。

 

・聴いてる音楽は相変わらずで、マイスパレード爆ハマりによりCD集まってきた。


www.youtube.com

 

フジロック配信はジャパニーズブレックファストとモグワイだけ見れた。モグワイ感動した。あーなんだっけNINが今回プロデュースした人もちょっと見た。ダイナソーJRは見れず。

 

小袋成彬フジロック配信を断り「俺のライブはクーラー効いた部屋で見るもんじゃねえ」的なことを言って炎上した問題、まぁアーティストがそういう意思を持って配信断るのは別にいいんじゃね?と思うし、実際金を払ってフェス来て他のアクトではなく自分のライブを選択してくれた客を重要視するのは商売としてその通りだとも思うしいいんじゃね?と思ったが(伝聞だが客のケータイにシール貼ったりしたらしい)、それに対して障害を持っていてライブに行けないファンのツイートがあり(そんな発言にがっかりしたしショックを受けた、私のようなファンが配信で見ることを否定するのか、といったような内容だったと思う)その人に対しどうやらDで直接「なら言ってくれれば動画見せるよ」みたいな対応を取ったらしく、それは……どうなんです?それなら他にも見たい人が沢山いるのでは…???みたいになったし、それは悪手のような、でも他にじゃあどうすれば良かったのか(配信を断るのは前提として)俺にはわからないし、なんか良くも悪くもこの人ピュア過ぎる…と思った。だからオリンピックのときも炎上したし、なんかそういう人なんだなと思った。つーかそもそも「クーラー効いた部屋で見ている、金も払わなず現場にも行かない客」というのは俺みたいな人間を言うのであって、小袋本人もそういう人(この障害を持ってて現場に行けないようなファン)に対して言ったわけではないだろうし、現場をぶち上げるためのイキッたMC(パフォーマンス)にしか過ぎんと思う。

まぁ小袋さんの音楽にさほど興味がないので別にいいんですが、まぁね…難しいですねと思った。

 

・ラランドのyoutubeチャンネルでの「ニシダ更生プログラム」をたまたま見たが(最近たまにラランドのチャンネルもチェックするようになった)(基本はさらば・ニューヨーク・Aマッソの三点張りですが)かなりキツかった。良くも悪くも。いや、でも見てよかった。途中から「いくらなんでもニシダがかわいそうじゃない?」となってくるが、サーヤがここまでするのは逆にニシダを見捨てない決心をしたんだなと思ったし、多分これをやらなかったら解散してたくらい、ニシダの人間としてのだらしなさを問題視したのだろう(実際問題だったんだろう)。遅刻・バックレなどの「だらしなさ」と、仕事で前に出れないという「自信・勇気の無さ」ってちょっと違うジャンルなのでは?と思ったし、前者をシメるのはいいけど後者は芸人としてのスキルにも関わってくる部分なのでそこエンタメ抜きにつつくのはしんどくね?と思った。いや「エンタメ抜き」というエンタメにしている(企画動画にしている)のだけども。その辺もマジでうまいなと思った。コメント欄でも「みんなの中にニシダ(すぐ困難から逃げてしまう心)はある」とか言われてそれはそうだなと思ったし芸能界や芸人の世界は特殊とはいえ大変過ぎると思ったし、はっきり言ってスーパー天才のサーヤと相方として比較されるのはかわいそうというのもある。大学お笑いや数年での地下ライブでの活動などがあれど、まだ芸歴も浅いのにブレイクしてしまったラランドが、毎日のように劇場で叩きあげられてる芸歴10年以上の吉本芸人とかと肩を並べてバラエティに出て、自分の実力不足を感じるのは当たり前。渡りあえてるサーヤさんが異常なだけ。サーヤはそれで社長業もやってるんだから本当に普通に化物クラスなんですよ。

いやーしかし、山里さんがいてよかった。山里さんがちょいちょい笑えるツッコミを入れてくれないと見てるこっちがシリアスになりすぎるし、「徹底的にやってください」と言われながらもやっぱり優しいテイストで諭す山里さん、本当にすばらしい。山里さんがいて本当に良かった。

努力するって大変ですよね…。

なんか考えちゃいますよね、自分が人生において問題とちゃんと向き合えてるか、ほんの少しでもいいから問題を改善しようとしているか。


www.youtube.com

 

・最近は仕事の時の自分は本当の自分の前に立っているパペットがやっており、パペットがいくらダメージ受けても本体の俺は無傷!みたいな気持ちを心掛けているがそうはなりきれない。バンドマンの先輩がかつて似たようなことを言っていて「仕事の時の自分は斜め後ろにカメラがあって俯瞰で見てて、ゲームのアバターを操作してるような感じでやってる」って言ってたけど、そんな先輩も新しい職場で病んで別の職場探したし、ひえ~~って感じ。なんかそういうのも逆に本来の自分と仮の自分に分裂しそうで怖いなとか思った。

 

・盆休みの1日(日曜)で一気に宅録を進めた。明らかに過集中。だから今日(月曜)は休みに徹してる。普段使いのヘッドホンとミックス用のヘッドホン(安いAKGのやつ)と車で聴くのではぜんぜんバランス違うので気が狂いそうになる定期。ベースなどの低音を最近出すようになったのだがそれにより聴けないレベルでモコモコしてしまい未だにどの辺の音域を切ればいいのか理解出来てないポンコツ。ハッキリ言って今の自分の能力と機材では無理なことは分かってるしちゃんとした人に金積んで録ってもらうしかないと思ってるがその前にまとめておきたいんだよ~・・・。あと安いAKGのヘッドホン使うとボーカルがデカくなりかつ低音が出るので結果他のもので聴くとベースぜんぜん出てねェってなる。このヘッドホンは俺には向いてなかったんだと思う。

んあー。仕事やだー。明日までの残りの時間休養にあてます。

2022/07/13

・記録として書いておくが、安倍元総理が撃たれて何日経っただろうか。

 

参議院選挙では改憲派の議員が3分の2とのこと。僕が大学時代からやばいやばいと言われていたけど、時代はこうしてゆっくりと変わっていく。地獄の蓋が開く。

 

・最近仕事忙しいし中途覚醒するから睡眠時間少なくて朝しんどかったりするけど、その前につーか数週間前にDJイベント出来て良かった。またちょいちょいバンド練習も入ってくるし、ありがたい話もあったりする。

 

・去年の夏もフリッパーズギターを聴いていた気がする。

 

・アートスクールの新譜(4曲入りシングル)が出たので早速サブスクで聴いた。パッとしてるとは言い難いが別にそれでいい。

2022/6/2 その2 思い出して書く

・いろいろ最近の事を思い出して書こう…。

 

・この2週間でボンジョビ3枚、モトリークルー『Girls,Girls,Girls』、ビルエヴァンス2枚…などを図書館で借りたはず。entの3rdとアルバムリーフの青いアルバムが届き、昨日ポチってまだ届いてないのはLCDサウンドシステムの2nd(これは買い直し。DJイベントでかけたいので)。


www.youtube.com

 

・こないだの休みは久々にガッツリお笑い動画とか見た。寝てたけど。ああ、なんで寝てたんだっけ、ワクチン3回目打ったからだった。副反応は左腕が痛いだけで特に無かった気がするが。

なんですぐさま打ちに行ったかというと職場がヤバいからだが、これ以上は書けない。苦笑・・。でも、流石にそろそろ収まってきてて安心してる。

 

・Aマッソのラジオに東野幸治出た回聞いた。

 

・プライマルスクリーム『バニシングポイント』とか聞いた。最近The Big Pinkが何年ぶりかの新曲をだしたらしくマジか、と思い旧譜を聴いたり。ヘブンリー聴いたり、ジザメリ聴いたり。

 

・ハリースタイルズ、いままで興味無かったけど今年の曲が良くて、過去の他の曲も良かったので驚いた。めちゃメジャーな角度から投げ込まれたインディーロックみたいだと。

 

・バンド練習のときに、同じ練習時間だったっぽい同世代のバンドと、練習後スタジオロビーで談笑。めちゃめちゃバンドマンっぽいムーブだったのでなんかちょっとうれしかった。

 

・この間行ったお笑いライブ、席が前の方過ぎてモグライダーとか出てきたときは開始数分は「うっわ…本物だ…」とう感情が「面白い」という感情を越えてしまった。真空ジェシカ攻めた終わり方してた。ザ・マミィが去年見た時と状況(売れたということ)が違いすぎてんなぁとか思った。トリはロッチだった。ベストアクトは流れ星。